Kawagoe Style

イベント アクセス 歴史 川越について

About

埼玉県を代表する都市の1つ。市内に公立・私立の進学校が多く、埼玉県でも数少ない文教都市であり、住宅地としての人気も高い。 武蔵野台地の北端に位置し、荒川と入間川が市内で合流する。地理的な要衝で平安時代には河越館に豪族の河越氏が興り、武蔵国筆頭の御家人として鎌倉幕府で権勢を誇った。室町時代に上杉氏の家宰・太田道灌によって河越城が築城され、上杉氏、次いで北条氏の武蔵国支配の拠点となった。戦国時代には関東平野の覇権を決する河越夜戦の舞台となった。河越夜戦は「日本三大夜戦」とされる。江戸時代以前は江戸を上回る都市であり、「江戸の母」と称された。

神社仏閣 美術館・博物館 その他

Tourism

江戸時代には親藩の川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持つ。城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、文化財の数では関東地方で神奈川県鎌倉市、栃木県日光市に次ぐ。市内の観光名所には年間約620万人もの観光客が訪れる観光都市である。海外の旅行ガイドブックに紹介されることも多く、最近では外国人旅行者が多い。海外から来日した国賓にも日本の代表的な町並みとして紹介されており、2007年3月28日には今上天皇夫妻がスウェーデン国王カール16世グスタフ夫妻を案内し、西武新宿線のお召し列車で行幸した。

写真集 壁紙 歳時記

Gallery

小江戸川越には多くの神社仏閣、蔵作りをはじめとした多くの歴史的建造物が残り、今でも往時の風景が想像できる趣のある土地です。また、サツマイモを代表とする名産品も多く、さまざまな商品をとりあつかう店が軒を並べています。そうした折々の風景を写真に収めたギャラリーを作成しました。どうぞご覧ください。

Copyright © 2012 Kawagoe Style. All rights reserved.